「軽作業」の仕事って何?

▼この記事の要点


  • 軽作業の定義

  • 具体的にはどんな仕事?

  • 軽作業の仕事に応募する時のコツ伝授!

「軽作業」と記載のある求人は、世の中にたくさんありますが・・・具体的に何をする仕事でしょうか?ここで解説します!

軽作業の定義はある?

軽作業とは、明確に辞書で定められたような定義があるわけではありませんが、

一般的に下記の仕事を指して使われます。

●体力をあまり必要としない作業

●誰にでも覚えやすい簡単な作業

●比較的重量物を扱わない作業

求人を募集する企業により軽作業の範囲はバラバラですが、

難易度が低く、重量物を扱わない作業の求人の時に使用されることが多いです。


具体的にはどんな仕事?

仕事例として、以下のようなものがあります。

・ネジや手のひらサイズの部品を

 棚から取り出すピッキング

・完成品を梱包する

・完成した製品の目視検査(キズや汚れのチェック)

・1キロ程度の手のひらサイズパーツを組み付け

など!どの仕事も1週間くらいで作業を習得して、

先輩と同じくらいのスピードでお仕事できるくらいの単純な動作がほとんどです。


軽作業の仕事に応募する時のコツ伝授!

軽作業の仕事で求められるものとしては

「決まっている作業をそのままできること」や、

「同じ作業を繰り返し行うことが苦じゃない」

というタイプが特にハマりやすいお仕事です。

そのため、求人に応募する際には与えられたお仕事を素直に進めることができる点や

モクモクと同じ作業をすることが好きな点をアピールすると有効です。


POINT

「簡単」「負担少なめ」「すぐに覚えられる」というメリットのある軽作業。モノづくりの仕事未経験の方にオススメです。